こんにちは。ティッシュボーイです。

男ブログご覧いただきありがとうございます。

はじめに
当ブログは「クリーンなエロブログ」を目指してお
ります。
※ブログ内の動画等のリンク元は全て大手優良動画
サイト(DMM、FANZA等)となっております。安心
してご閲覧&クリックして下さい。
※「出会い系」や「風俗」の情報はありません。
怪しい広告やリンクは貼っておりません。

お尻と太ももがヘビー級な受付嬢|川原かなえ

FANZA作品紹介より引用:
自らAVに応募してきたかなえさんは企業の受付嬢。そんな彼女の姿を見にオフィス付近に出向いてみると、外に出てきた彼女の姿を発見!ムッチムチの下半身が素晴らしい逸材でした。その後の面接で、会社でのセクハラが引き金となって性欲が増している事や彼氏が居なくて性欲を解消できないのでAVに応募してみた事などの話が聞けました。そして撮影当日さっそく洋服を脱いでもらうと我々の想像以上の巨尻が目の前に現れて…。

//引用元:FANZA動画

ムラムラしてませんか?

ところで皆様、仕事中に街行くOLさんのムチムチなお尻を見てムラムラする事ありませんか?

見ず知らずのOL,はたまた同僚OL、色々なシチュエーションがございますが、ピチピチなスーツ、パンツラインが見えそうなスカート、こんなの見てたら健康な男性ならすぐにでもおしこりになりたくなるのは当然だと思います。

好きな部位は人それぞれ違うと思いますが、わたしはお尻が大好きです。スーツに包まれたぷりぷりなお尻って最高ですね。

まあリアルにOLさんとお近づきになれる男性たちには「OL」というのは当たり前の存在かもしれませんが、私のように職業柄、普段からOLさんと接する機会がない人間からすると「OL」という存在はアイドルよりもプレミアムな存在です。そして無茶苦茶エロい!あのスーツ姿。そして帰宅するときの着替えた私服もいい。ムラムラも限界なわけですが、発散するにはそう、エロビデオしかありません。

意外と少ない?リアルなOLモノが見たいんだけどなあ

という事でお家に帰ったらOLモノで抜きたい!となってるですが、AVでOLモノ(に限りませんが)って演出が過剰すぎませんか?

①まずワカメちゃんみたいな短すぎるスカート。そんなスカートはいてる女いないですよね。

②オフィスでやる。まあ願望はわかるけど・・。リアルじゃない。

③複数プレイ。個人的にあんまり・・・。

④無駄にローション。

⑤バイブを延々とあてる。製作者側の時間稼ぎですね。アディショナルタイム発動です。

こういうのはいただけません。もっとリアルなOLモノが見たいんだけどなあ。

ぽっちゃり、デカ尻OL|川原かなえ

OLモノです。

残念ながら、わたしの求める超リアリティではないのですが、女優さんのポテンシャルが高すぎて。おススメです。

川原かなえさんの作品。

体型はややポッチャリですがデブではありません。でもお尻がバリでかい。卑猥なお尻をしております。ちょっとアンバランスな体型がエロいですね。やたらと下半身がボリューミーな女性ってわりといます。身近にいそうな感じがいいですね。

お顔の方は決して美人ではないのですが、あなたの周りにもいる結構かわいい子レベルで調度いい。

こんな子が職場にいたらムラムラすることでしょう

見どころは冒頭のインタビューシーンからのオナニー&フェラシーン&本番ですね。

※あと関西弁です。女性は関西弁ってだけで魅力&エロさが3割増し。

制服姿ですし、黒パンストを破かれはしますが装着したままってのが興奮します。

乳首の色もなんだかエロいなあ。

後半はシャワー~複数プレー~ラスト本番です。ラストの男優との1対1は制服ではありませんが、まあまあ良いです。

ここが抜ける!OL制服着衣に興奮しました

発射ポイントは早々と訪れました。1回目のOL制服着衣のカラミでのバックシーンが最高です。

突かれる度にお尻のお肉がブルンブルン揺れるのに大興奮。さらに白レースのTバック着衣状態も相まって、わたくしここで発〇してしまいました。

「初撮り系」って感じで、一通りのことはやってます。女優さんが良いのでおススメです。

今後の作品にも期待です。良作に恵まれますよう願っております。

↓こちらの作品、単品でのご視聴はこちら↓

↓他の視聴方法↓

※こちらの作品はDMM(FANZA)月額制の動画「ドリームch」や「見放題chプレミアム」でもごらんになることができます。

「ドリームch」はこちら↓

「見放題chプレミアム」はこちら↓

川原かなえ|VR作品もあります

こちら

個人的には、四つん這いにさせてのバッククンニシーンでのア〇ルのどアップに興奮してしまいました。

あとパンスト脱がさずにしてるのもいいですね

エッロい

最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた次回。